アクセス数:

「民話の里」遠野の自然を 後世につなぐために・・・ 

メインメニュー
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失新規登録
森業倶楽部が始まりました!
 5月26日(日)に、今年度1回目となる「遠野・森業倶楽部」を開催しました。
例年第一回目は、木工の材料となる木の間伐。森へ移動して、山仕事はじめの一歩の講座を受講した参加者は、チェーンソーで。それ以外の方は、手鋸で間伐を体験しました。
午後は、薪の駅に戻り、間伐材の製材作業。ロゴソールというチェーンソーによる簡易製材機を使用して、丸太から板を挽きました。来月からは、いよいよ木工作業がスタート。今年度は、どんな作品が生まれるか、楽しみです。

講師の木暮工房(菊池光典氏)が、伐採後の切り株から、その木の特徴を説明。


山仕事講座受講の女性は、チェーンソーで間伐。


こちらは、手鋸にて間伐。

参加者がロープと滑車を使用して、込み合った杉林でも上手に間伐できました。


午後は、薪の駅に移動して製材に挑戦。


間伐材が木工の材料に生まれ変わります。