アクセス数:

「民話の里」遠野の自然を 後世につなぐために・・・ 

メインメニュー
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失新規登録
森林環境税に関するセミナーに参加しました!
 6/2東京で行われた森に関するセミナー(NPO法人森づくりフォーラム主催)に参加してきました。
タイトルは「〜どう使われる?どう活かす?〜 森林環境税と市民参加の森づくり」。国民一人¥1,000を森林環境税として支払うことになり、その使い道は、都道府県や市町村の裁量次第と聞いていたので、NPOや市民がどう関われるのかを知りたくて行ってきました。この税金(森林環境譲与税という名前で使われます。)の使い方について、地域住民を含めた多様な人達が計画策定に関われるようにするべきとの講師陣の指摘が大きく響きました。しかし、どうすれば、それができるのか?「自分たちの地域の森の未来がこのようにあるべき」というビジョンがないままの森づくり(森林作業含め)では、税金がいくらあっても足りないでしょう。多様な人達で、真剣に話し合う場づくりができたらとの思いを、更に強めたセミナーとなりました。