「民話の里」遠野の自然を 後世につなぐために・・・ 

メインメニュー
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失新規登録
5月27日:土淵小学校児童と水源の森づくり始まりました
 遠野市の水源地である琴畑高原を森に再生するプロジェクト。
今年は、地元の土淵小学校4年生18名と一緒に、森づくりを行うことになりました。
5月20日に、学校で事前学習を行い、
5月27日に、琴畑高原にミズナラの苗木を植樹しました。
詳細はブログをご覧下さいませ。

遠野・水源の森づくりプロジェクト

1、趣旨(経緯)

 遠野市の北東部、標高約650950メートルに位置する琴畑高原は、1972年〜80年にかけて牧場開発が行われた場所です。1989年までは肉牛の放牧が行われていましたが、畜産農家の減少で、それ以後は一部を採草地として利用するのみとなりました。琴畑高原から流れる水は、遠野市内約7000世帯の水道水として供給されています。

 遠野の水源地である高原を森に戻すため、2002年から3年間、遠野市の植樹祭や森林管理署により約22haの面積に木が植えられました。しかし、ホンシュウジカの食害により枯れた木が多く見られたため、遠野エコネットでは、森林管理署と「遊々の森」の協定を結び、高原の周辺でドングリ(ミズナラの実)を拾い苗木を育て、枯れた木のあった場所へ補植を行う活動を継続しています。

 平成26年度は、環境教育の一環として、遠野市立土淵小学校4年生18名と共に、水源の森づくりを行っていくことになりました。

 

2,全体日程 

第1回 2014年5月20日(火) 森林教室(土淵小学校)*終了

第2回 2014年5月27日(火) 植樹、他(琴畑高原) 

    *雨天時:62日(月)

第3回 2014年7月9日(水) 施設見学、苗木の様子・森の観察(水光園、琴畑高原) 

   *雨天時:7月10日(木)

第4回 2014年9月30日(火) ドングリ拾い、ドングリ畑づくり(琴畑高原、土淵小学校) 

   *雨天時:10月3日(金)

3,527日のスケジュール

午前730分:開催可否の判断(遠野エコネットと学校で連絡調整)

午前8時20分:土淵小学校出発(スクールバス)

午前9時00分:琴畑高原到着、現地説明

午前9時15分〜1100分:植樹活動(約150本ほどの予定)

午前1100分:記念撮影

午前1130分:琴畑高原出発

午後0010分:土淵小学校着

4,主催  NPO法人遠野エコネット

5,協力 岩手南部森林管理署遠野支署、遠野市立土淵小学校、遠野市