「民話の里」遠野の自然を 後世につなぐために・・・ 

メインメニュー
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失新規登録
平成28年4月10日松枯れ対策セミナー開催!
 

ここ数年になって、岩手県内各地では「松枯れ」が深刻な問題となっています。その勢いはとどまる様子はなく、近年になっていよいよ私たちの住む遠野市内の山林でも確認されるようになりました。
この状況を改善するため、山林所有者のみならず、森林ボランティアや一般市民が、「松枯れ」のメカニズムについて正しく認識する必要がある事から、松枯れの専門家を招きセミナーを開催することにしました。
ご先祖様が苦労をして植えた赤松を守るために、私たちに何ができるのかを考える場にしたいと思います。皆様の参加をお待ちしています。
   
 

 
〜遠野エコセミナー2016〜
「松枯れ対策と里山の再生」

日時:平成28年4月10日(日)13時30分〜15時30分
場所:遠野市総合防災センター2階大会議室
参加費:無料/参加者に松炭(約1㎏)プレゼント!
【内容】
報告 「松枯れの遠野市内の現状について」:岩手県南広域振興局遠野農林センター
    「松くい虫被害木の有効利用について」:岩手南部森林管理署遠野支署
    「松枯れ対策プロジェクト(炭窯づくり&炭焼き体験会)」:NPO法人遠野エコネット

 講演: 中村 克典氏「松枯れ対策と里山再生(仮題)」


中村 克典 氏 略歴
現所属:国立研究開発法人森林総合研究所東北支所 生物被害研究グループ長
平成4年3月広島大学生物圏科学研究科博士課程後期中退。
平成4年〜17年森林総合研究所九州支所。
このうち平成10年〜11年科学技術庁長期在外研究員としてミズーリ大学(アメリカ)に滞在。平成17年4月〜森林総合研究所東北支所。
平成21年5月〜現職。学位:博士(学術)。マツ材線虫病(松くい虫被害)に関わる生物の生態と防除に関する研究を担当。東日本大震災以降は、津波による海岸マツ林被害について現場ベースの調査研究に従事。共著,分担執筆に「樹の中の虫の不思議な生活:穿孔性昆虫研究への招待(2006)」,「屋久島の森のすがた:「生命の島」の森林生態学(2007)」,「Pine wilt disease2008)」,「海岸林との共生(2011)」、「松保護士の手引き:改訂2版(2016)」他。

◆後援:遠野市、岩手県南広域振興局遠野農林振興センター、岩手南部森林管理署遠野支署、
遠野地方森林組合

*この事業は、(公社)国土緑化推進機構の「緑の募金」の支援を受けて実施します。